マロン、虹の橋へ

マロンさん。
9月にやって来た女の子は、マロン。
父しゃんが、どうしても連れて帰りたいと、うちの子になりました。

d0107965_06102185.jpg

この秋で、5歳。
小さいときから、人が好きで、手のひらが大好きでした。
だけど、臆病なところがあり、よく ケガをする子でもありました。

そんなマロンもピースとペアになり、七羽のお母さん。子育ての上手なママに。
案外、厳しいお母さんでした。
d0107965_06101975.jpg

そんな、マロンに数年前から 癌腫瘍が見つかり、その腫瘍は だんだんと大きく、飼い主も驚くほどの大きさでした。
発見当初、切除できればかないのかと?と 病院にも通いましたが、すでに血管がびっしり回っていて、どうすることもできなかったんです。翼の肩上にできた腫瘍は、少しずつ大きくなっていきました。
それでも、卵を産んで、雛を孵す、育てる彼女に たくさんの喜びをもらいました。
そんなときに産まれたのが、マツさんと梅さんです。

d0107965_06102388.jpg

だんだんと飛べなくなるマロン。
だけど、ピースと過ごす彼女は幸せそうでした。
わたしたちに たくさんの命を残してくれたマロン。
また、一羽 旅立ってしまったことに、さびしく、涙が止まりません。

ピース。
初めての独りぼっち。
ピース 大丈夫かな
d0107965_06102315.jpg

マロン。
ありがとう。大好きです。
最後は、私の手のひらでした。いつまでも、あたたかく 寝ているような最期でした。
あなたには、ありがとうという言葉しか見つからない。

ちいさな、ちいさな命だけど 私の日々の全てかも知れないと、改めて感じています。

このブログは、楽しいことを沢山書いてきました。ここ数年は、お店のブログやInstagramに日々の暮らしを綴っています。

でも、ここにどうしても マロンのことを残しておきたかったから。
悲しいことばからで、ごめんなさい。

マロン。
2月23日 20時30分虹の橋へ。
d0107965_06102502.jpg

ありがとう。
マロンさん、お母さんは、涙が止まらない。
もう 病気と あの大きな腫瘍と、あなたが離れられたのなら、良かったんだよねと、思うようにしたよ。
残してくれた子どもたちを 母は、あなただと思って。

d0107965_06102586.jpg

[PR]
# by kotoritokurasu | 2017-02-25 05:26 | インコ

みんな元気

d0107965_21402474.jpg

ピースパパ。
幸いにも 怪我もなくみんな元気にやってます。
一度は、インコ8羽、ワンコと義母と 雨の中、避難。
子どもたちは、ひとつのケージに押し込まれて、怒っていましたが、車中泊避難でした。
まさか、避難するとは思っていなかったから、インコたちを連れて、どうしていいかと。
ワンコは義母と一緒に。
インコは、母しゃんと。

熊本は、余震がまたありますが、普通に暮らせていることに感謝しています。

ピースたちは、前震 本震ともに 騒ぐこともなく、首を長くしていましたが、みんな落ち着いていました。
さすがです。
長い間 ケージに入れたままで、放鳥出来なかったのが、可哀相でしたが、仕方がありません。
いつ揺れるかわからないのですから。
d0107965_21402803.jpg

とりあえず、近況まで。
ルルさんのお墓の上に バラが咲きました。
咲いてみて初めて バラがあることに気付き、びっくり。ルル やるねー
d0107965_21403287.jpg


[PR]
# by kotoritokurasu | 2016-05-26 21:26 | インコ

翼をひろげて

ルルさん 夏で8才でした。
だいぶ前から、卵管ヘルニアを患っていたルル。
少しずつ 少しずつ、ルルが動けなくなっているのは わかっていたし、老化もあり、ケージでじっとしている時間が増えていきました。

それでも、放鳥時間は 床を歩いて回って、若いチビたちを引き連れて、最期まで ルルは
みんなのリーダーでした。
d0107965_05255233.jpg

勝ち気で、やんちゃなルルさん。
本当は 父しゃんや母しゃんに甘えたいんだろうけど、ルルっていう生き方が 甘えるのは恥ずかしいって、意地をはらせていたのかも。
d0107965_05255366.jpg

ルル。
好奇心旺盛で みんなのムードメーカー。
d0107965_05255400.jpg

いつも チロリを追いかけて。
d0107965_05255574.jpg

ピースと二羽の時、ルルは ピースにいろんなことを教えてくれました。
いつの間にか、我が家のボスインコへ。
d0107965_05255669.jpg

ルル。
d0107965_05255667.jpg

ルルさん、お茶目で 可愛い子。
d0107965_05255708.jpg

熊本に帰って まずしたことは ルルをお迎えしたことでした。
新しい風が、家中に流れて、幸せな毎日の始まりでした。
チャッピーたちとのお別れも ルルが一緒にいてくれたから 乗り越えられた。
ピースを迎えることができたのも、あなたがいたから。
d0107965_05255837.jpg

ルルのお腹には、青空。
真っ青な空に、白い雲。
誰よりも、飛ぶことが好きだったルルが 最期に 亡くなる前に、母しゃんの手のなかで飛びました。
もう動けないはずなのに、10秒ほど
大きく大きく 羽を広げて、羽ばたき、
まだ飛べるよ!って言っているみたいでした。
それが最期になってしまいました。
真っ青な空に 白い雲。
そして、黄色い菜の花が咲き乱れて。

ルルさん 4月2日7時10分 虹の橋へ。
d0107965_05255881.jpg

ルル、今ごろ どこを飛んでいますか?
先生が言ってたよね ルルは野鳥と暮らせるよ!って。
ルルが飛び回る姿は、素晴らしく、カッコよくて、母しゃんは ルルが あの青い空へ飛び出したんだと思っています。

だけど、さびしいね
もう いないんだね

ルル。

うちの子たちが亡くなる日は、必ずと言っていいほど、次の日 お店の営業日だったり、鳥友さんがやって来ます。
なんでわかったのか?って不思議なくらいに。
ルルは らっきぃちゃんを連れてきた。
母しゃん、泣いてる場合じゃないぞ!ってね。
ルル、ありがとう。
母しゃんは しっかり前を向く。
前に進む。
だけど、いつもあなたを思っています。
d0107965_05255953.jpg

ありがとう、ルルさん。

[PR]
# by kotoritokurasu | 2016-04-06 04:25 | インコ

インコ部屋

昼間は暖かい小鳥と暮らす家。
ちびたちだけでもと、昼間の放鳥を少し前から 始めています。
病鳥たちや 年長組は 危険です(笑)
d0107965_09145107.jpg

かぼす氏
一番体が大きいし 五羽の中では、有力鳥。
d0107965_09145484.jpg

真中 かりん氏
一番のKYさん
d0107965_09145678.jpg

土壁をかじる マルメロ
只今 換羽!
d0107965_09150030.jpg

全員集合。
ちびたち
とりあえず 無事に 今年で3歳になります。

みかんにすだちも元気です。
[PR]
# by kotoritokurasu | 2016-03-11 08:58 | インコ

るるさん

d0107965_07103994.jpg

父しゃんの左手に二羽。
ルル姉さんとかぼすさん。

ルルは 父しゃんが大好き。
母しゃんが 手を出しても 乗ってくれません。
今年で8才のルル姉さん
卵管ヘルニアと付き合いながら、日々暮らしています。
それでも、放鳥時間には みんなとケージから出てきます。
若い頃の 活発な動きはないけれど、気持ちは充分。
d0107965_07104141.jpg

またまた
母しゃん 動けず。
ぴーすとルルさん
くつ下 攻撃。
d0107965_07104390.jpg

ルルの健康の秘訣は、食べること。
とにかく、しっかり食べます。
見習いたいものです。
[PR]
# by kotoritokurasu | 2016-03-10 06:59 | インコ

セキセイインコ ルル、ピース、まろんとの何気ない毎日


by kotoritokurasu