きなこ 虹の橋へ

1月7日。
きなこのお尻の部分が ぽっこりしていたので 卵が詰っているのではないかと、疑った母しゃんです。
年末にチャッピーに対して アピールをしていたきなさん。
今まで、KYさんで そんなことがきなこに起こったことにびっくりだったし・・
メスインコだから、絶対に起こることなんですが、きなこにも卵ができたんですね。

7日の土曜。
その後 連休だったこともあり、初めての卵だし、一度 病院へ行くことにしました。

案の定、きなこは、自分に何が起こったのか!全く理解できずに、お尻の部分を突いたり、噛んだりしていたので、内出血を起こしていたんです。

その後、一度 きなこを連れて帰宅。

帰宅して、ケージのバックを開けた私は、びっくりしてしまって・・
きなこさん
卵管脱 を起こしていました。

自宅から 病院へは、1時間以上。
時間も夜の8時。
それでも、どうしていいのわからない私は、先生へ電話をしました。
先生の指示を受けながら、自分で 卵を出し、卵管を元に戻さないとならなくなり・・

嫌がるきなこをしっかり補ていしないといけません。

だけど、人の手を嫌がるきなこは、怒り!私の手は血だらけに(噛まれた)
父しゃんは、留守。
病院へ電話をしつつ、また きなこを連れて 祈る想いで 帰った道のりを戻りました。

1時間以上の道を45分で。。
卵はとても大きく、初めての卵だったし、きなこはどうしていいのかわからなかったようです。
長い間力んだんでしょう、きっと。
卵管とともに卵が外に出ていました。

きなこと一緒に処置室に入って・・
数分後、無事に 卵が出て、卵管も元に収まりました。

その時、かなりの出血をしてしまったんですね。
体重もだいぶ落ちていたし。。
だけど、その場の一命を取り留め、その日は帰宅することができました。
d0107965_1872091.jpg
それから、二日。
きなこは、ご飯を食べ、水、みかん・・
止まり木にも止まって、ずいぶんと元気になりました。
お尻のキズのその後や、体調を診せるために、火曜日にまた通院。
糞の状態もよかったし、帰宅後は 保温して 安静にしていたんですよ。

夜、就寝前に キズの薬を飲ませようと、ケージに行くと・・
なんだか、ぐったりしていて 私も父しゃんも慌てました。

それからは、抵抗もしないきなこを手のひらに包み、父しゃんがずっと温めていました。
心臓の鼓動がしっかりしていたので、きっと大丈夫、大丈夫と言いながら。
スポイドで 水分補給をさせようとしたり・・私も必死でした。

それから、あっという間の出来事で 一度 痙攣をしたかと思うと・・
そのまま 眠るように 旅立ってしまいました。
d0107965_18171124.jpg

きなこの最後の写真です。

初めてかも知れません。
きなこが、私や父しゃんに安心して 体をあずけてくれたこと。

チロリを亡くして、そしてきなこまで。。

突然のできごとに、昨晩は きなこを抱えたまま、一緒に横になりました。

鳥は、突然 旅立ってしまう。
本当に そう。
涙が止まらなくて、また 大泣きしました。

今は、自分を少しせめています。
d0107965_18213838.jpg

きなこ。
幸せだった?
きなこ、お母さんは なにも あなたにしてあげられなかったねって。

父しゃんは、「チロリが一人で旅立つのが寂しいから、きなこを連れていったんだ」って、言います。

きなこ。
あなたを初めて見た時にね、聞こえたんだよ。
「ここだよ、迎えに来て」って。

家に来て、なかなか馴染めなかったけれど、きなこがいてくれるだけで、みんなは笑顔になれました。
きなこ。


きなこ。 
1月10日(火) 21時10分 虹の橋へ。
[PR]
by kotoritokurasu | 2012-01-11 18:36 | インコ

セキセイインコ ルル、ピース、まろんとの何気ない毎日


by kotoritokurasu