タグ:思い出 ( 18 ) タグの人気記事

Kおばあちゃん

一昨日のこと。。
夜遅くに、電話有。
それは、昔 昔にお世話になった、遠縁のおばあちゃんが亡くなったという電話でした。

もう、80過ぎ?

私にとっては、遠縁のおばあちゃんですが、孫のように接してくださったことを思い出しました。
関西の大学に通っていた私は、近くに親戚も友人もなく、とても不安だったこと。
そんな時・・
大学の隣の市に住んでいるという、ばあちゃんのいとこだった おばあちゃん。
そのおばあちゃんと私の母は、名前(漢字)も同じだった。
なんだか、ご縁を感じた。

会ったこともないし、行ったこともない町へ、バスに乗って、そのおばあちゃんに会いに行った日。
おばあちゃんとご主人がお二人で住まわれていて、私を快く受け入れてくださったこと。
なにもないのよ!って、よく、火鉢で餅を焼いてくれたり、おじいさんは、自慢の盆栽の話をしてくださったり、学生だった4年間に何回も遊びに行きました。

学生寮を出て、一人暮らしを始める時は、食器やお布団のお世話まで・・
お正月には、お年玉まで、頂いていたんですよね。

卒業をして、今日 帰りますと、いうに日に、母と挨拶へ。
今でも その時のおばあちゃんたちの顔が浮かんで来ます。

こちらへ帰ってからも、実は 電車に乗って 会いに行ったことがある。
その時も、火鉢で餅をね、焼いて下さった。

年月は経ってしまったけれど、感謝という言葉しか見つからない。
おばあちゃん もういらしゃらないんだな・・と、思うと 寂しい気持ちになります。
葬儀にも出席出来なかったけれど、機会があったら、手を合わせに伺いたい。

おばあちゃん。
ありがとうございました。
おばあちゃんやおじいさんのおかげで、私は、充実した学生生活が送れたんだから。

今日は、おばあちゃんのお葬式の日。

Kおばあちゃんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by kotoritokurasu | 2011-01-10 23:26 | 今思う

なつかしき^^

子どもの頃から、いろんな物を収集するのが好きだった母しゃん。
切手収集が好きで、郵便局のおじさんと友達になった中学生(笑)
高校生になったら、また違うものにはまってしまって・・
大学生になってからも、社会人になってからも・・ついつい手に取って、持って帰ってしまっていた。
ある時、あまりにもたまってしまった その物の置き場に困って(笑)、ほとんどの物を処分したか?ばあちゃんにあげたような~?
実は、今日・・
空いた時間に、昔の段ボールを整理していたら@@!?
出てきたんですよ(笑)

なつかしい~^^
d0107965_16325343.jpg
それは、マッチ。
喫茶店やカフェ、レストラン、蕎麦にうどん(笑)
処分したと思っていた物が出てきたもんだから、何だか懐かしく、嬉しくなりました。
今は、カフェなんかも禁煙が当たり前みたいになっているけれど、昔は すごい煙だったよな~。
お店の名刺代わりが、=マッチだった時代。
この箱の中にも、20年以上前の物まで(笑)
自分で行かなくても、友人がお土産にくれるもんだから、聞いたことのない店名がいっぱい(爆)
d0107965_16423759.jpg
ちなみにコーヒー店を集めると・・イラストがレトルだったりします。
d0107965_16431643.jpg
うわぁ~^^
これこれ!学生寮で一緒だった先輩が、いつも帰省の時に買って来てきてくれたワッフルのマッチだよ~。ちなみに、岡山県だったような^^;
d0107965_1644443.jpg
こちらや、信州 長野県のマッチ!
冬は、決まって 志賀高原へスキーに出かけておりました。
蕎麦に野沢菜にお焼きに・・(食べ物ばっかりだ^^)

箱を開けて、嬉しそうに並べていたら、義母が「それは、使えると!?」だって。
お母さん、だめですよ~これは、コレクションなんだから(笑)
箱の中身は、私の若返りの素だった(笑)

さてさて・・
きなこさんに、 おめでとうコメントをいっぱいありがとうございました^^
2年過ぎて、3歳になっても、きなこはきなこだなぁ~と、今日も実感中。
d0107965_16502636.jpg
チャピ:「ねえ、母しゃん ボクの後ろ・・なんだかすごい視線なんだけど・・」
母:「そうだね・・チャッピー。今日は、KYさんがいらしてるからね」
d0107965_165251.jpg
平気な顔して、チャッピーとチロさんのケージに入り込んで澄まし顔のきなこさん。
彼女は、やっぱりKYさんです(笑)
ルルはね~ボスが怖いから、間違っても 入りません^^;
d0107965_16533192.jpg

[PR]
by kotoritokurasu | 2010-12-06 16:56 | 何気なく・・
私と父しゃんには、思い出のカフェがあります。
カフェめぐりが大好きな母しゃん、カフェや喫茶店のマッチ集めが趣味だったこともあり、学生時代から、たくさんのお店に通いました。
そんなお店の中でも、大好きなカフェ 兵庫県篠山市にある "J'shillGARDEN" さん。
お店も素敵だけど、お庭やお料理・・
一番素敵だなと感じていたところは、オーナーご夫妻でした。
九州から引っ越して、親戚も友人も少なかった我が家にとっては、ほっとできる場所だったんですよね。
チャッピーとチロリを連れて、お泊りしたのも このカフェでした。
バラの季節、暑い夏・・雪の積もる冬・・
カフェに憧れたのも、この頃だったのかも?

さて、うちの父しゃん。そのJ'sさんにいたワンコ ^^
チーズちゃんとクラブちゃんが大好きで、お別れして2年経った今でも、2ワンコの話をします。
初めて見た ウエストハイランドホワイトテリア という犬種に、一目惚れしたんでしょうね~^^;
d0107965_1551239.jpg
朝から、バナナブレッドを焼いて、お皿に盛り付けていたら、父しゃん!何を思ったか・・"チーちゃん"と、呼んでいる、陶器のホワイトテリアを持って来た(笑)
これは、父しゃんが、会いたかったj'sさんのチーちゃんにそっくりだからと、言って、購入したもの。
そして、今日・・近所のカフェ「カシュカシュ」さんに行って、クラブちゃんだと、言って、また買ってきたワンコ。
d0107965_15554786.jpg
店員さんが、二つありますよ!^^ って、出してくれた クラブちゃん二つ(笑)
それを、顔の表情が違うだの・・言って・・悩んで 連れて帰った父しゃんです。
d0107965_15575428.jpg
ブログを投稿している横で、ホワイトテリアの本に見入っている父しゃん。
d0107965_15592446.jpg
ピン!と、立ったしっぽが好きなんだってさ~^^
また、篠山まで 会いに行きたいなぁ。
[PR]
by kotoritokurasu | 2010-06-13 16:08 | ワンコ

電波来ました^^

連休中に、我が家は長年お世話になった携帯を買い替えました。正確に書くと・・他社携帯に乗り換えました。
前の電話会社にはとっても愛着があったし、父しゃんは13年もお世話になったので、ショップのお姉さんと解約手続きをしていた時は、なんだか泣けてきた母しゃんです。
京都のショップのお姉さんとはとっても仲良しだったし、引越しの時には、電話を下さったり・・携帯で繋がっていたんですが、知らない土地でのお姉さんは優しかったな~*^^*
でもね~解約しないといけない理由があって・・仕方なく、他社さんへ。
それは、電波が来ない!
“小鳥と暮らす家”の周辺は、携帯が使えなかったんですよ><
とにかく、山の中なので、そこにいる時は“ただの箱”になっていました。まだ、市内在住だから良いものの、そのうちに、本当にただの箱になってしまうので、家の建築に合わせて、他社さんへ移ったというわけです。

他社携帯!! (--)・・
使い方が、わからな~い(爆)タッチパネルになっているし、電話がかかってきたのに、取れないし(笑)・・
そして、ブログの写真を撮りたいのに・・SDカードにどうやって~移動させるんですか~!?^^;
先日から、携帯持って、あたふたしています。*父しゃんも右に同じ^^
カメラの性能からしたら、前の方が断然良かったですね~
チャッピーが可愛く写らない!!どうしましょう・・困り果てております・・と、いうか・・機械に疎いだけなんですけどね^^;お恥ずかしい限りです。

前の携帯を整理していて、色んな写真が出てきました。ちょっと 思い出に・・御紹介します(笑)
d0107965_15333880.jpg
うわっぁ~@@小さい頃のチロリ。母しゃんのカフェラッテに乗ってます。この頃から、すごい眼力の持ち主でした。
外は、雪かな~(京都にて)
d0107965_15363291.jpg
お題:父しゃんの太足(爆)・・
そこは、見ないでくださいね~^^;(父しゃんに怒られるよ~)
最近の写真です^^ 我が家の力関係図。
さて、問題です! チャッピーくんは、どこにいるでしょうか? うははぁ^^
チャッピー・・大丈夫かい??

他にも、すんごい面白い写真が詰まった携帯でしたが・・さようならです。だって・・母しゃん 9年お世話になりました。携帯を買い換えるたびに、写真だけは データとして移してきたんですから・・ありがとう
寂しいけれど、これからも、いっぱい写真撮ります。
[PR]
by kotoritokurasu | 2009-09-24 15:45 | 日々のこと

バイバイ

昨日は急に雨になって、雷ゴロゴロ・・
ぼくたちは、急いでケージに入ったんだよ。
今日はね~こっちのおうちから、最後の投稿なんだってさ!
d0107965_14262432.jpg
チャッピーです。
って・・いうかぁ~母しゃん、ぼくかっこいいポーズで登場したいのに・・また、こんなとこ写しちゃって!!ぼくのファンが減ったらどうするの~!?
まぁ~いいんだけどね。
母しゃんによると、明日になったら・・インターネットの回線を片付けたり、電気屋のお兄ちゃんがエアコンを外しに来たりして、忙しいんだって。
それで、明後日になったら~ぼくたち車に乗って、またばあちゃんのおうちの近くに引っ越すんだ。
d0107965_14301126.jpg
冷蔵庫の電源も切ってしまうから、ぼくの大好きな冷たいお茶も我慢しないといけないんだって。

父しゃんと母しゃんは、市役所に転出の手続きにいったりして・・バタバタしてるんだぁ。
ぼくとチロさんは、お留守番なの。
ぼくね~この町大好きだったよ。お友達もいっぱいできたし・・それにね
一番嬉しかったことは、チロさんがぼくのうちに来てくれたこと。
ここに引っ越してこなかったら、チロさんに逢えなかったんだからさ。
夏は蒸し暑いし、冬にはいっぱい雪が降ったり・・父しゃんたちとドライブして琵琶湖も見に行ったんだよね~。
バイバイ!福知山。
そうなの。ぼくが住んでいた町は、京都府の北部にある町。
ありがと~。母しゃんは、毎日、みんなに“ありがとう”って、言ってます。
d0107965_14384778.jpg
母しゃんが、市役所に行ったら、黄色い鳥さんがいたんだって。
さようなら、黄色い鳥さん!
チロさんは、ぼくが連れて行くからね~。バイバイ
[PR]
by kotoritokurasu | 2008-07-29 14:53 | 引越し

今年も行ってきました

去年、行ってよかったぁ~って、感動した『荒巻バラ公園
まだ、蕾も多かったけど、鮮やかなバラに圧倒されてきました。
伊丹市が運営する公園なので、入園料は無料です。車で行くと、駐車料を500円だけ^^;
とってもありがたい公園なのです。
沢山の写真の中から、いくつかをご紹介しまーす。同じ人(母しゃん)が撮影しているので、去年と同じような写真。目に映るものって、かわらないんだぁ~な!と、実感。
d0107965_16525926.jpg

d0107965_16545234.jpg
小さなミニバラから、大輪のバラ、つるバラなど、色んな展示をしてありました。
アマチュアカメラマンさんもたくさんです^^ 皆さん、超真剣!
父しゃんと私は、ぐるりと一周~^^
そして、弁当開き~(こっちが本命か?)シートと外用の座布団まで敷いて、日陰でゆっくり~。
d0107965_16593066.jpg
ちょっぴり、日焼けをしてしまった(--)・・けれど、時には、こんな休日もいいかなぁ~^^

ココからは~バックのお話です^^;
[PR]
by kotoritokurasu | 2008-05-18 17:20 | おでかけ

おそろい

音楽が好きな父しゃんは、レコード、カセットテープ、MD、CD・・そして、デジタルオーディオプレイヤーと、時代の流れと共に、音楽を聴いています。
今でもレコードを聴いたりしているけれど、レコードもなかなか手に入らなくなってきたし、最近では、これが多いかな?
d0107965_1648135.jpg
 『gigabeat』

d0107965_16565515.jpg
今日は、午後から懐かしい曲を聴いて、ゆっくりと過ごしています。
急に3月くらいの気温になってしまって、引きこもりみたいな我家です^^;
d0107965_16594632.jpg
チャピ:「母しゃん~、今日寒いよ。ストーブつけてくれる~」
[PR]
by kotoritokurasu | 2008-05-11 17:02 | 日々のこと

たんぽぽ

d0107965_2231716.jpg

ガラスの部屋のバラの花より
嵐の空を見詰め続ける
あなたの胸の想いのように
心に咲いた花だから
どんな花よりたんぽぽの
花をあなたに贈りましょう
どんな花よりたんぽぽの
花をあなたに贈りましょう  「たんぽぽ」の歌詞より 3番

これ歌は、私にとって忘れられない思い出の歌です。
10年以上前に、私を元気付けようと、一所懸命に歌ってくれた歌。
歌の歌詞も大好きだけど、その歌声が心に響いて・・涙が止まらなくなった歌。
歌ってくれたみんなの気持ちが嬉しく、今でも口ずさんでしまう歌なのです。

桜満開の中、ひっそりだけど、たくましく、そして優しく咲いているたんぽぽの群れ。
ひかえめだけど、鮮やかな黄色がとってもまぶしく感じます。

この連休、久しぶりに夫やチャッピー、チロリとゆっくりすることができました。
明日からいつもの時間が待っているけれど、がんばっていこう~!
そう思わせてくれたたんぽぽの花。
[PR]
by kotoritokurasu | 2008-04-06 22:04 | 植物

父しゃんと鳥

父しゃんがまだ、子どもだった頃、家には「ホオジロ」がいました。
野鳥が好きな、お父さんが毎日世話をしていたそうです。父しゃんの家は山や川に囲まれたところ。
ある日、隣のおばさんが、巣から落ちたであろう「カラスの雛」を、父しゃんにくださったそうです。
ニワトリの餌を食べさせて、カラスは大きくなっていきました。
「こんにちは~」
「おはよう!」って、お話しをするカラス。肩のりカラスさんだったそうです。
カラスの小屋を自分で作ったりして・・可愛がっていたんでしょうね。想像ができるからおかしい・・@@
迷子になっても、お話をするカラスは、人伝いにちゃんとうちに戻ってきました。
小さな頃の写真、カラスと父しゃんの写真。^^

また、ある時はホームセンターから『ひよこ』をお迎えしたんだとか。
ひよこは、あっという間に『ニワトリ』になりました。
そのニワトリと父しゃんは、一緒にお風呂に入っていたらしい~
聞く話は、びっくりする話ばかり~

犬や猫が苦手だったお父さんの影響で、育った環境には「鳥」しかいなかった父しゃん。
自然に鳥のいる暮らしになってしまったんですね。
d0107965_20102386.jpg
それから、父しゃんのところにやってきた「チャッピー」
父しゃんとチャッピー。お互いが必要な存在なのです。
鳥の心がわかる父しゃん。
そして、チャッピーのお友達にと・・「チロリ」をお迎えしました。
d0107965_20163247.jpg


最近では、「キンカチョウ」を新たにお迎えしようと~!した父しゃん。しかし、母しゃんに反対され計画はおじゃん><
その後も、文鳥にオカメインコと・・小鳥への気持ちだけが走っているようです。
今の転勤暮らしが終わって、九州に帰る日がきたら~・・きっと、家の中はバードハウスになっているだろう~と、これまた想像できるから、こわいなあ~^^;
そんな父しゃんと暮らす、チャッピーとチロリ
[PR]
by kotoritokurasu | 2007-10-12 20:36 | 今思う

あがり?

今晩は、会社の先輩とその息子さんと三人で食事の約束をしていました。
予約をしていたのは、江戸前寿司のお店。
美味しいと評判だったので、ぜひ!ということになりました。
案の定、店内はいっぱい。でも、予約を入れていたこともあり・・なんと!!カウンターのど真ん中@@~大将の真ん前です。ちょっと、はずかしい感じ。
右も左も、スーツ姿や社長さんらしき??人たち。
高校生の息子さんは、緊張していたのかな~?いつもより、礼儀正しい ^^
d0107965_20561163.jpgお刺身に天ぷら、
茶碗蒸し、カサゴのたいたん、そして、にぎり。
小ぶりで、食べやすく脂がのっていて、なんともいえない~
母が息子に言ってました。
「高校生でカウンターなんて、まだまだ早い!」って。
横で聞いていて、おかしい?いや・・微笑ましかった。
高校生の男の子、母の友人と一緒に寿司屋に来るだろうかと・・
とっても素敵なご家族なんです。

d0107965_2103087.jpgいつもと違う雰囲気の中、嫌いな野菜の天ぷらも「おいし~い・・」と、食べる息子に母もびっくり~。
「家では、食べへんやん!」
さすがは、本業さん。一味も二味も違います。

最後に、「あがり 3つ お願いします」と、頼んだ私。
“あがり”をいただきながら、「あがり」の話を思い出し、昔話になりました。
私が、まだ学生だった頃。
九州に大雪が降りました。初めは珍しい雪に喜んでいたのですが、どんどん雪は積もり、30cmは積もったかと思います。タイヤチェーンの用意なんてない九州。
暗くなっても、帰ってこない姉が心配になった母。TVでは、国道が渋滞していることや、車のスリップ事故が多発していると。長靴を履いて、傘をさして、歩いたら30分はかかるバス停まで、姉を迎いに出ることになりました。
慣れない雪道。車の通った轍を母が先に歩き、その後を私が。
バス停に着いたものの、到着するバスには姉の姿はなし。その次も・・またその次も。
雪は益々降り積もって、足が棒みたい。
そんな時、バス停のお向かいにあるお寿司屋の女将さんが、中で待つように!と何度も、声をかけてくださいました。
でも母は、申し訳ないからと、何度も断っていました。
私なら、お店に入れてもらっていたかも?本当に寒かったのです。
そんな母と私に、女将さんは、ストーブと温かい“あがり”をバス停まで持ってきて下さいました。
雪の中、温かい“あがり”。
お寿司屋のお茶は、あがりと言うことや、熱くなく程よい温度のお茶ということを母に教えてもらいました。あの時の あがり の美味しかったこと。
それから、しばらくしてバスから降りてきた姉が母に叱られた記憶、今でもしっかり憶えています。

d0107965_21385787.jpg

色んな話をしながら楽しい時間でした。
最後に、うに、いくら・・とろ!!@@・・と、言ったのは、息子。
高校生には、まだまだかもしれないけど、母の気持ちは、大きくなってからわかるはず。
カウンター席に座る自分。一杯の“あがり”がじ~んと沁みました。
[PR]
by kotoritokurasu | 2007-09-11 21:42 | 今思う

セキセイインコ ルル、ピース、まろんとの何気ない毎日


by kotoritokurasu